Excel

2019 年 1 月 2日のウインドウズ更新プログラム Excel 2010 (KB4461627)を適用後、Excelが起動できなくなる不具合発生

毎日パソコンを起動して、作業して、パソコンを消すを繰り返してます。

この一連の作業の中で、パソコンソフトは動いて当たり前です。

エクセル起動しないよー

いつも使っているMicrosoft Excelのファイルをダブルクリックして起動しました。
一瞬起動しますが、使おうとしてセルをクリックすると消えてしまいました。

パソコンを再起動してからやっても同じでした。

データが入っていないファイルは開くことができました。でもこれじゃ作業できません。

WordやPowerPointは何の問題もなく起動しました。

Excelだけ起動しません。なんでエクセル起動しないの?

?????

とても焦りました。私はExcelで数多くのデータを管理していますのでExcelが使えないとなると大問題です。

MIcrosoft Officeの修復を実行しましたが、事態は好転しませんでした。

トラブルの原因は2019年1月2日のWindowsのアップデート

調べてみると、2019年1月2日のウインドウズ更新プログラムを適用後に起こる問題であることがわかりました。

ウインドウズのアップデートの時に入る「KB4461627」というのが問題のようです。

これは、Microsoft Excel 2010 用の更新プログラムです。すなわち今回の起動できないという問題はMicrosoft Excel 2010のみで起こります

Micosoftの公式資料でアンインストールせよとの案内が出ています。

Microsoftのサポートページへのリンク
アンインストールの方法は上記のページに書いてあります。

私もKB4461627をアンインストールすることによってExcelを使うことができるようになりました。

KB4461627は平成の次の新元号対応用のアップデートとのことです。セキュリティー関係ではないのでアンインストールしても問題はないです。

今回は本当に焦りました。回復してよかったです。

Microsoft Office 2010は、2020年10月13日にすべてのサポートが終了します。まだ1年以上ありますが、早めに新しいバージョンのOfficeに乗り換える必要があります。

<終わり>